星組公演『ドクトル・ジバゴ』を観劇してきました。
な、なんとうたかたチームもご観劇で、紅さん・凪七さん・七海さん・如月さん・綺咲さんがいらっしゃって、みんなマスク姿なんだけど髪や目と顎のラインで特定できてしまうというw
まとまって後ろにいたからもっと下級生かと思ったのに目についた方が「ん?七海さんぽい?」って、まさかと思ってたけどやっぱり七海さんでした。始まる前からびっくりとドキドキでした(;゚Д゚)
のっけから感想じゃなくて星組遭遇談になってしまいましたが、ここからは舞台の感想です。

 

星組公演『ドクトル・ジバゴ』千秋楽・感想

星組子の進化が凄過ぎる

せおっち(瀬央ゆりあ)、すっごい良かったです!めちゃめちゃ進化してました。
せおっちに限らず、ジバゴチームの組子、めっちゃ進化しました!
歌、ダンス、芝居、あれ、こんなに上手かったっけ?って思うシーンばかりです。順不同で思った順に書いていきます。

りらちゃん(紫りら)・オーリャ

りらちゃん(紫りら)のキッツイ人の役が、役とはいえこんなに別人?!級でした。
お針子として働きつつパーシャ(瀬央)と活動仲間な頃はキビキビしてるけどまだほわんとした感じもあったのですが、ユーリ宅の管理委員になってトーニャの小桜ちゃん(小桜ほのか)・白妙さんと言い合うあたりは別人です。
タカラヅカニュースの人は双子の妹かってくらいに別人。役者だなぁ、って女役で初めて思ったかも。
可愛らしいお姫様お嬢様が宝塚娘役のイメージですが、こういう気の強い嫌な感じの人がしっかり演じられるのはりらちゃんの強みになると思います。

ゆっこちゃん(麻央侑希)・ガリューリン少尉

役名からして軍の偉い人ね、と配役見て思ってたのだけど、残念ながら出番は少なかったです(今回のは彼女に限ったことではなかったけど)。しかし野営テントのシーンなどでは見ていて胸がキュっとなるような辛さを見事に表現されてました。バイトしててもスラっとした姿が目を引きました。

みっきぃ(天寿光希)・コマロフスキー

イヤなヤツ!!!
本ッッ当に嫌な男!嫌な男なんだけど色気があって強くて・・と思ってたのですが、意外にも嫌な部分の方が大きくて、やっぱりイヤな奴の一言です。
具体的にどこがイヤかというと、やっていることは勿論ですが、大声出して恫喝するところが超絶イヤ。
あれですね、ヤ〇ザよりの弁護士。戦争という時代もあるのだろうけど、やっぱりこういう男はキライ。みっきぃがやっても苦手です。
ラーラのセクハラシーンは色気が勝りつつも、やっぱりタカラジェンヌだからギリセーフなだけで、イケメンでもないふつーの男がやってたらブチ切れレベルで嫌いです。
発声から立ち方から、本当に嫌な男集大成でした。
つーか、原田先生どういう演出してんの。そういうのは外部でやって下さいね!(オコ)



くらっち(有沙瞳)・ラーラ

映画のラーラより主体性があって、切なさを感じられて良かったです。

轟さん(轟悠)・ユーリ

1幕の若いユーリはオペラで見ると頬のこけ具合からほうれい線の辺りが若干ヤバめではありましたが、それを感じさせない演技は見事としか言いようがありません。役の設定では全体の中で若造な方のユーリですが、本当に大学出たての無鉄砲さのような勢いを感じさせる演技でした。
2幕はお髭がめちゃめちゃ似合います。映画では濃ゆいお顔の俳優さんが最初から髭だったと思いますが(全然若く見えなかった)、轟さんだとグっと雰囲気に合ってて(バトラー船長?)正直こちらが似合いすぎて1幕から数年しかたってないとは思えないですが、とにかく髭が似合ってカッコよいです。
身重の奥さん(トーニャ・小桜ほのか)をおいてラーラに走るのはちょっと唐突だったけど(脚本の問題で)ラブシーンは濃厚でエロさ大爆発でした。けど天寿コマロフスキーのすみれコードぶっちぎりそうなのに比べるとすみれコードギリギリな中でのラブシーンといった感じでした。

せおっち(瀬央ゆりあ)・パーシャ/ストレリニコフ

せおーーー!
成長したなぁ、キミも別人級に進化していました。今回の観劇で一番ビックリしたのはせおの進化です!
芯になるシーンも多かったけど、歌もダンスも芝居も全て良かったですし、なにより一番は舞台に立つ心構え的なものが違ったのではないかと思います。それは本人に聞いた訳でもインタビューで言ってた訳でもないので、あくまで私個人の受け取り方ですが、なんというかせおっちの明るくて無邪気な楽しい雰囲気がいい意味でなかったです。

前に七海さんのブリネクで七海さんに言われてた、
「真面目に芝居してるのに、なんであんなに面白いんだろう」「わらかそうとしてるように見える」
客席側としては分かるような分からないようなことだったけど今なら分かります、その面白いオーラが消えてるんです。
100%パーシャで100%ストレリニコフ。これまでは「星組のせおです、ヘヘっ」みたいな空気が数%ただよっていたのがなくなってました。役者だから、真面目で冷徹な役だから、というのもありますが、これも理事効果なのでしょうか。今までは別箱2番手でも主演が琴ちゃんや星組の中で、厳しい言い方だけど甘えがあったのだろうなって思います。しかし今回は同じ2番手でも主演は轟理事で箱も大きい、とプレッシャーも大きかったのかもしれません。
しかしせおにはとっても良い刺激となり、迫真の演技のパーシャ/ストレリニコフになったのではないでしょうか。

それとストレリニコフは丸眼鏡にオールバックに加えて血の色がない紫がかった口紅も良かったです、怖さが増してました。
最後はパーシャに戻って死ぬシーン、リアルな死に方で驚きました。銃で撃たれて死ぬシーンを見たことはないですが、宝塚の綺麗な死に方(パタン、と両手を前に)からすると本当に血を吐いたのが見えそうなくらいのリアルさでした。どこで学習したんでしょーか。

 

最後に

やはり原田先生、苦手かもしれない。
映画よりずっと分かりやすくて良かったのですが、映画を見ていたからそう思えたのであって、初見だったら話についていくのに必死だったかもしれません。映画よりは舞台の方が筋がわかりやすくていいのですが、凝縮されている感は仕方ないけど否めません。
「君が悪いんじゃない、時代が悪いんだ」
という台詞がありましたが、時代が悪いのは仕方ないというより、その時代の悪さとは別に男の嫌な部分というのがリアルに色濃く描かれているのが苦手なのかもしれません。
轟さんもせおっちもすごくカッコよかったのだけど「うっとり」する要素が少なかったのが残念です。
しかしながら、こんなに星組子を成長させてくれた作品と轟さんに感謝の気持ちでいっぱいです。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さい

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事