公式HPの『Another World/Killer Rouge』公演ページに少しずつ新しいページが加わっていっています。
本日(3/22)は稽古場キャストボイスのページが出来ました♪

稽古場キャストボイス

集合日から1週間、お稽古が始まっていますが、まだまだ情報なしの段階なので
どんな感じなのかが伺える稽古場キャストボイスは貴重!

初回の更新は七海ひろきさんと紫藤りゅうさんのお二方。
お二人のコメントからすると、

・この1週間は主に歌稽古
・関西弁が難しい
・わくわくするストーリー
・死後の世界でも一生懸命

面白い明るい話と歌だという方向性以外まったく分かりません( ̄▽ ̄;)
これから・・に期待!ですね。

タカラヅカニュースなどでお稽古場情報が出るのは初日が近づいてきた辺りですし、
この時期はお稽古でどうなっているか全く分からない状態ですよね。

再演物なら、歌が楽しみとか、立ち回りが大変、とかある程度ファンも分かっていますけど
どんな内容かも全く分からない状態ですから。
ただ生徒さんたちの健康や上手くいくことを祈るしかない訳で。
ずっと東京でお稽古待ちとかもしたことない身としてはこのキャストボイス、本当にありがたいです。
欲を言えば、もっと下級生までも一言二言でも入れて欲しいなーと思います。

 



『Another World』の魅力

というタイトルのページも出来ていました。
谷先生の過去の落語をテーマにした作品が紹介されています。

2003年『なみだ橋えがお橋』
2005年『くらわんか』
2006年『やらずの雨』
2009年『雪景色』

 

『なみだ橋えがお橋』

『なみだ橋えがお橋』もそうだったのか。と今頃になって知ったアホな私。
この作品を深く記憶しているのは、数回観に行ったからではなく、
この作品は本当はきりやん(霧矢大夢)主演だったのですが、病気の為全休演で代役にこの作品で2番手だったさららん(月船さらら)が急遽主演することになったからでした。

当時ヅカファンになって2~3年の初心者だったので、主演の休演ということに、それでも公演がそのまま続行されるということ衝撃でした。その当時は大劇場トップ休演などあったりで驚き度としてはそれほどでもなかったかもしれませんが、そんな不測の事態でもきちんと舞台が進むということに驚きました。

霧矢さんに当てて書いたのだろうなという感じではありましたが、月船さんも持ち前のチャーミングさが出ていて素敵だったのをよく覚えています。当時研1だった明日海りおさんも台詞がついてて研1とは思えないいいお役でそれをこなされていたのが印象的です。あの頃から可愛さは別格だったんだなぁとしみじみ。

『くらわんか』

『くらわんか』は望海風斗さんが花組時代に演じられた「貧乏神」の可愛らしさが印象的です。
最近だと望海さんお披露目特集で放送されていたと思います。笑いが止まらない面白さで後からきます。
蘭寿とむさんの日本物での粋な感じが存分に味わえます。

あと2作品はスカステで見たような見てないような・・・スミマセン(^^;)

 

『Another World』の魅力に期待する

この4作品はバウホールなど小劇場での公演でしたが、今度は大劇場公演です。
そして舞台写真を見ると江戸の町人など庶民の感じが伝わってきます、そうこの時代だとこういう服装をしていますよね。
なのにあのポスターの衣装・・・。

どう調理されるのか・・怖くもあり楽しみでもあります。
きっと誰も想像もしなかったような面白い作品になっていて欲しい!
想像はすでに裏切られているので、どうぞそれ以上に裏切るような面白さで星組の良さをバンバン開花させて欲しいと願っています。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さいませ

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事