星組『Another World』の新人公演一部配役発表

いまかいまかと待っていた星組『Another World』の新人公演、一部配役が発表になりました。
やはり一般発売の前日に発表になりました。

康次郎(紅ゆずる) 天華えま
お澄(綺咲愛里) 星蘭ひとみ
徳三郎(礼真琴) 天飛華音

新人公演主演は3度目のぴーすけ(天華えま・98期)。
ヒロインはベルリンに続き星蘭ひとみ(101期)、
そして大注目は2番手の天飛華音(あまと・かのん、102期)、星組には珍しい大抜擢の配役です。

3度目の天華えま

今年が新人公演の長の期となる98期。
ぴーすけ(天華えま)はこれまでに、北翔海莉さん退団公演『桜華に舞え』と続いて紅ゆずるさんお披露目公演『スカーレット・ピンパーネル』と2作主演をされました。
新人公演主演は若手の生徒にとってとても大きな経験になりますが、ぴーすけはその中でも日本物と大作スカピン、さよなら公演とお披露目公演という普段より想い強めの作品で新人公演主演を経たからか、それまでのほわ~っとした優しいお顔立ちの中にもキリっとした強さが宿ったような気がします。

今回の『Another World』は役が少なく、ぴーすけも役がついてません。
役名はなくともある程度目立つ役なのかは不明ですが、役がない分新人公演に集中できる環境とも言えます。
ベースが落語ですから、おそらく台詞の量がいつもより多いと思われます。主演ならなおさらです。
コメディセンスも問われる作品になるだけに、新公主演は初めての生徒より経験者のぴーすけになったのも頷けます。

 



大抜擢の天飛華音

あまと・かのんさん、102期生。
あまり存じ上げず申し訳・・なんですが、入団時の成績が2番の期待の生徒さんだったのですね。
さらに『阿弖流為』では阿奴志己で阿弖流為の仲間チームにいた方です。
結構台詞や歌が多くて下級生まで起用されているなーという印象だったのですが、阿弖流為を評価されての抜擢なのかと思います。

星組は他の組に比べて新人公演学年の活躍が乏しく感じます。
これまでは礼真琴が若手をけん引していましたが、琴ちゃん(礼真琴)もこの春から研10です。
もっと下級生・中堅の積極的な起用をして育てていって欲しいと思います。

今回は役が少なく、人物相関図を見ても役同士の絡みも少ないようです。
若手の出番がどうなるか不明なだけに新人公演は貴重な勉強の場になると思います。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さいませ

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事