美弥るりかDS、スカステで5/12放送予定

昨年の美弥るりかさんのDS(ディナーショー)『Razzle』が、早くもスカステで放送決定です。
5/12(土)に放送だそうです!
やったーーー(≧▽≦)

4月は卒業が決まっているとしさん(宇月颯)のミュージック・パフォーマンス『MOON SKIP』が一足先に放送です。
そちらも楽しみー。

 

DS・バウは観たくても観れない

ディナーショーやバウ公演は場所(都市)が限られて席も少ないから、観れる絶対数がかなり少ないです。
大劇場作品だったら東西であって公演期間も長いから、どうにかして1回は観ることが出来る方も多いと思います。
でもバウは約500席、公演期間は1週間前後なことが多く、東上することも少ないです。

観れる方がラッキーかな、ってくらい。
ディナーショーに至ってはもっと激戦の超ラッキーになるのかな~と。
金銭面も考えるとそうそう手が出せるものでもありませんし、時間と運とお金と、揃ってないと取れないです。
その上かならずしもDVD化するとは限らない・・・٩(๑`^´๑)۶

だからこそ、スカステで見れるのはとっても嬉しい♡
「ちょっと見たいな~」
と思っても相当頑張らないと取れないチケット。
からすると凄くリーズナブルに楽しめるので、DSとバウはスカステ入って一番良かったと思えるプログラムです!



私流スカステDSの楽しみ方

DSは大抵1時間強のプログラムです。
歌がメインで出演者が少なく、ステージも小さいのでやれることが限られているDS。
しかしテレビで見るにはちょうどいいんです。

スカステDSだから安心できること

・「カメラに映ってないところにご贔屓がッ」ということがほぼない(舞台だとあるある)
・ストーリーがなく、適度にトークがあるので、一時停止しやすい
(テレビだし、録画だし、いつ止めてもいいんだけど、盛り上がってると止めにくいですよね汗)
・時間が1時間強なので、時間で区切って見やすい
(1本物の舞台だと長いため、見るのにある程度まとまった時間が必要)

それと生のDSを見る楽しみとは逆になってしまいますが、ドレスアップしなくてもいいし、
タカラジェンヌが側を通るかもッ?!というドキドキもありません。笑
ドキドキできるのは幸せなことなのですが、なんかこう視線を感じずガン見したいときもあるじゃないですか。
まあ私が小心なヒッキー性質なせいもあるかもしれませんけど( ̄▽ ̄;)

 

BGMとして楽しむ

スカステDSは歌メインなので、BGMとしてテレビを付けている、という方にもおすすめ。
芝居だと気になってしまったり、見ていないと感情がついていけないこともありますが、
DSは歌とトークがメインなのでBGMとしても最高です。というか贅沢です。

一人DS

実際のDSはお食事の後に行われます。
けど自宅なら食べながら飲みながら見ることが出来ます。
家事や仕事が終わって、一人の時間を楽しむときに好きな食べもの・飲み物とともに、
ゆっくり見るのには、DSが適している!と気付いたのです。

もちろん好きなお芝居でもショーでも良いのですが、
お芝居やショーだとトップスター以外はわりと上記の「カメラの外にご贔屓」のことも多いのと、
個人的に感情や脳の使うところが多く、リラックスして見るのにはDSが向いていると思うのです。

なんといっても本当にDSに行けたら、酔って少しでも見逃すとかしたくない!
って気持ちが大きくなりそうですが、酔ったら酔ったで楽しく見れます。
今月だと龍真咲さんのDSでトークとか最高に面白くて、少しばかり酔って見たらもっと楽しかったです。
酔って「ちょ、まさきさんwww」とひとりツッコミしたり、はたから見たら危ない寂しい人ですけど、
実際のDSで酔ってツッコミ、とか絶対出来ませんからね(;^ω^)

 

DSは衣装や小物などにも凝っているので、じっくり見て楽しむのはもちろんのこと、
こういう楽しみ方もいいのではないかな?という方法を紹介させて頂きました。

一人飲みは寂しい!という方はお友達と、
お酒は苦手、という方はスイーツとお茶などお好きなもので、
ぜひ芝居やショーと違うリラックス感を楽しんでみて下さい。

ちなみに私は夜飲みに出ることが難しいので宅飲みなんですけど、キッチンで飲むよか多少マシかなー、
あと時間に区切りがあるからダラダラ長く飲まないので良いかなーと思っています。

5月中旬なら花粉症も終わっているので気がねなく飲めるかなー♪
と今から楽しみにしてしまいますよっと。
花粉症の方は飲むと症状がひどくなるのでご注意くださいね、私はそれでも飲むけど☆
本日は以上です。

☆花粉症の方に

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さい

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事