星組公演『Another World/Killer Rouge』稽古場情報

紅ゆずるさんと万里柚美さんによる稽古場情報☆

『Another World』

・標準語の組子は関西弁に苦労している
紅ゆずるさん・万里柚美さんは逆に関西弁で喋れるので嬉しい
・生きている人は3人だけ
・康次郎(紅ゆずる)は恋わずらいで亡くなる
・琴ちゃん(礼真琴)は江戸弁、標準語とは違う
・華形ひかるさんは『くらわんか』のときの貧乏神
・康次郎は貧乏神の貧ちゃんに肩入れしてしまう

紅さんたちも本読みの時点で爆笑だったと仰っていたので、面白い作品だということは間違いなし。
ちょっと気になったのが、万里組長が琴ちゃんの役を江戸から来た呉服問屋の若旦那と仰っていたのですが、米問屋から変更になったのでしょうか。ただの間違いなの、変更になったのか気になります。

 



 

『Killer Rouge』

・幕開きはチョンパ
・桜の時期は過ぎてしまうけど、桜の花の歌で始まる
・場面のタイトルは全て『~Rouge(ルージュ)』とつく
・プロローグの次は童話のシーン、コメディちっく
礼真琴→オオカミ
綺咲愛里→赤ずきん
有沙瞳→マッチ売りの少女
・冴えないくん→特命刑事に変身
・七海ひろきさんの女泥棒を捕まえる、惹かれ合っていく
・中詰め、薔薇をモチーフにした場面
・退団者の場面がある、十碧れいやさんが歌い、白鳥れいやさんが踊る
・初舞台生ロケットは紅さんが紹介する
・フィナーレ、『紅のマスカレード』及川光博さんの曲

全体的にノリノリ押せ押せなショーだそうです。
オオカミな琴ちゃん、想像だけでかわいいしか出てこないのですが( ̄▽ ̄;)
「食べちゃうぞぉ!」とか言っているんだろうか・・・ヤバイ、萌える

七海さんの女役!
女泥棒っていうとキャッツアイしか浮かばないのですが、
スカーレットよりナターシャ寄りのカッコイイ系な感じかなー、女装も似合うので楽しみ。

『紅のマスカレード』は及川光博さんが宝塚をイメージしたそうで、タイトルから紅さんに聴いてほしいとCDを下さったときに、
「いつかこれで舞台できたらいいね」って言ってたら、本当に大劇場公演でできることになったそうです。

まだ振りのついてない場面もあるそうですが、だいぶ全体像が見えてきた感じでしょうか。
来週くらいから組子によるお話が聞けると思うので楽しみに待っています。

 

おバカなご一行@Another World、星組ナビバナ | 夢見すぎ系女子の宝塚記録帳

星組『ANOTHER WORLD』主な配役!落語が全くわからないので予習してみた。 | 夢見すぎ系女子の宝塚記録帳

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さいませ

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事