スイートハート、唯一無二の存在

美弥るりかさんならではの魅力的なスイートハートを演じられた『BADDY』について語ります。
ネタバレ含みますのでご注意ください。

 ジェンダーレスな存在

『BADDY』の作品中で唯一の男性でも女性でもないキャラクター。
一応の区分というか元々は男性なのだと思いますが、心は女性という設定の男性。

バッディーズは男役メインでグッディーズは女役メインで、
男VS女
の構図になりがちなところに風穴をあける存在でもあると思うのです。

男性だけど心は女性、と公演プログラムにも記載されてますが、
美弥さん(美弥るりか)演じるスイートハート様は男女の決めつけがあまりなく、
そのときの気分で変動やゆらぎがある、もっと自由な性を超越したXジェンダー的存在だと思います。

ここまでXジェンダーを表に出した作品は宝塚で初めてだと思うのですが、
むしろ性別を超えている劇団だからこそ出来るのではないかと思います。
まあジェンヌさんは男役としてボーイッシュなルックスや仕草をしているけど、
中身は女性、誰よりもかわいい乙女なオンナノコ!という意識もあるからやらないのかもしれません。

それにしてもあのホットピンクなベルベットスーツのお衣装が似合うって、
髪も長くて男に見えるってすごいです。
性別の記号的のようなものを一切排除したかのようなファッション。
ボディラインは男だけど、他はいわゆる男らしい男ではないのに、男役にいて違和感なし。

きっとスイートハート様はファッションも大好きなんだと思うのです。
だから男のファッションはパンツスタイルだけ、っていうのに「つまんなーい」
って思っていて女のファッションやお化粧にも興味があって研究しつくしている気がします。

 

女装が似合いすぎる

もはや女装ではなく、元が女ではないかと疑うレベルの美しさ(タカラジェンヌは女性ですが)。
元々は女性だということはおいておいて、
ドレスを着せるとちょっとゴツッとしたところが出ていて、女役さんとは違うキレイさがでます。

通常ショーで男役が女装するときはメイクは男役のままで、違和感を感じます。
美弥さんが女装するとその違和感がグっと少なくなります。
カツラで眉が隠れるようなものを選んで、ザ男役な部分を上手に隠していたりと、
テクニック的なものもありますが、
一番はあの漂わんばかりの色気です。

男とか女とか超越する色気が美弥さん本体から放出されているため
いつも男役でも色っぽいけど、女装しても妖しい魅力たっぷりの女性になるんですよね。
演出家の先生方が美弥さんにドレスを着せたくなる気持ちがわかります。

し・か・も!
スリットドレスに黒レースガーター!!(੭ ˃̣̣̥ ω˂̣̣̥)੭
幸せすぎる♡

あれじゃあ頭取もひとたまりもないですね。
スリットから出る黒レースガーターの彩るおみあしをオペラグラスでガン見する自分がオヤジに感じましたw
ってかアレ、すみれコード大丈夫ですか?

あとおまけで、女装のことを褒められたときの美弥さんの嫌そうな反応がたまらないです。
みんな褒めているのに照れているのもあると思いますが、毎回本気で嫌そうなんですよね。
「触れないで」とそれまでの笑顔が真顔になる、そのギャップも好き。
かといってずっと女役されるのを観たい訳ではないので、一場面だけがいいですね。

 



 

相棒で愛人

https://kageki.hankyu.co.jp/revue/2018/company/cpl73a0000078b48-img/cpl73a0000078bcc.jpg

ギャラリー | 月組公演 『カンパニー -努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー)-』『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』 | 宝塚歌劇公式ホームページ

BADDYにはバッディーズの女子6名が「BADDYにとって宝石のような存在」としています。
選ばれし6人のセクシーな小悪魔のような美しい女性たち。

を差し置いて、BADDYの一番のオンナはスイートハート様。
張り合っている感じもないから、もうみんな認める存在なんだと思います。
なんといっても女装してもあの美しさですから。
女装しなくてもセクシーな雰囲気と美貌にまったくかなう気がしません。

そのセクシーすぎる女装で重要人物を篭絡してみたりと、
BADDYの悪事においてもスイートハート様は頼りになるパートナーだろうことがわかります。

愛人というのは美弥さんがお茶会でおっしゃっていたそうなのですが、
恋人ではなく愛人、
地球の結婚制度などハナで笑っているであろうBADDYなら、

配偶者は一人ッ!
異性じゃなきゃ結婚できないッ!

なんて決まりゴトはそもそも守る気もないでしょう。
愛する人が男じゃ悪いか!
とばかりにスイ様とイチャつくBADDY。
そんな地球のルールはキュウクツだったのだろうなぁと思います。

BADDYとスイ様のあつーいキスシーンを見せつけたあと、
抜けガラになったGODDYとポッキーを見て、フフンと微笑むスイートハート様の無敵な笑顔が好きです。

 

タバコのもらい火キス

タバコを吸ったことのない方にはタバコのキスに見えるのかもしれませんが、
タバコに火をつけるときは息を吸い込みながらでないと火がつかないのです。
なので、ドラマなどのシーンでも火をつけてもらうときはタバコを口にしている訳です。

私も穢れなき乙女だった頃、タバコを試してみるのに手にもったまま火を貰おうとして注意されました。
そういうわけで、BADDYだけ手にタバコをもったままスイ様のタバコから火をもらう、またはその逆ということはできない訳です。
なんか遠い昔の記憶だけどもらい火はなかなか難しかった気がします(すでに禁煙してからの方が長い)

もらい火でヘビースモーカーな感じがグっとしますね。
ところで、地球では全大陸禁煙だそですが、どこでタバコを入手しているのでしょう?
月か宇宙の悪党グループが密造しているとか?
公爵もどこで入手しているのだか・・あまり長く放置しているとシケちゃいますよー。

 

表情豊かなスイートハート様が好き

BADDYがポッキーお持ち帰りしたときの本気で嫌そうに「触るなッ」な表情とか、
パスポート偽造が飽きちゃって髪の毛の枝毛探している表情とか、
クールそうに見えて、人一倍表情豊かなスイートハート様。

ジゴロのシーンで女性をダマしてニヤリとするところとかもたまらないです。
あちこちを観たいけれど、美弥さんが好きということを置いておいても、
次は何するんだろう?と目が離せないスイートハート様。

観劇回数が増えれば増えるほど、色んなスイ様を見れるのだろうなぁと思います。
役ではなく芸名で出るショーの方が個性を発揮しやすいといいますが、
役名のショーだけど、スイートハートという枠があるからこそ、
美弥さんの個性がより引き出されているショー作品なのだと感じました。
もっと・・・観たーいッ!!

 

dreamy-zuka.com

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さいませ♥

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事