宇月颯のカフェブレイク・ブレイクスルー!

録画しておいたカフェブレイク見ました。
月組2番目は宇月颯さん。

歌・ダンス・芝居、どれにおいても実力があって安心して見ていられる存在、
そんな数少ないジェンヌさんである宇月さん、
『カンパニー/BADDY』で退団されるため、カフェブレイクの出演もこれで最後です。

「ラストカフェ・・ブレイクスルー、ブレイクスルー!」
とオープニングのタイトルコールをブレイクスルーにしてくれました(^v^)

 

宇月の8

Q.チャームポイントは?

耳、ちょっと立っている耳。

Q.自分へのご褒美

家に帰ってからの愛猫ポテとの時間。

Q.気になる下級生

礼華はる

素直な表現や、気持ちから身体が動いていると印象をうける男役さん。
もう一人は、天紫珠理さん。
宇月颯さんの『MOON SKIP』が女役転向のきっかけになったそうで、後押しが出来て嬉しいと仰ってました。

 

『カンパニー』の魅力

阿久津仁の参考はEXILEのHIROさん。
バーバリアンのイメージもEXILEしかない、阿久津はボーカル&プロデュースといえばHIROさんしかいないと参考にされたそうです。
原作は長髪と書かれていたけど、そのイメージで宝塚で作るのは難しいかと思って、アイドル的な要素も入れつつ元のイメージとうまく融合させていったそうです。

宇月さんのプロデュース業?

東京公演から発売されたバーバリアンのポスターは宇月さんの発案で発売することになったそうです。
欲しいって言われると男役道で仰ってたのが、本当に発売されてすごーいと思ってたのは宇月さんのおかげだったのですね。

そしてバーバリアンのお話を聞いていて思い出したのが、
小説の『カンパニー』を読んだときに、先に舞台をみて良かったと思った点の1つで、
♪「ブレイクスルー」の曲が聴けたこと。
人気のダンス&ボーカルユニットと聞いてもピンと来なかったのが、イメージしやすくなりました。
「ブレイクスルー」いい曲ですよね。

 



 

本日のファッションチェック

黒のブラウスとグレーのワイドパンツ、
色味は抑え気味ですが、デザインが凝っています。
ポイントに白とゴールドの大きめなネックレスがとってもオシャレです。
ポーズは月組本と同じポーズでした。

ショー『BADDY』

サングラスとオールバック、と聞いて
「タモリさん?」って自分で言っていてウケている宇月さん。
渋いカッコよさが出ているクールさんですよ~(^-^; と思いつつ、
タバコはグランドホテルでの運転手のが役に立ちました、とそういえば確かにBADDYたちの中で一番自然でした。

地球の王女(早乙女わかば)との関係などもお話されつつ、フィナーレでは宇月さんと早乙女さんの2人がいち早く天国、
新しい世界(天国)を見るというのが、2人をの退団とリンクされていて切ない気持ちにもなります。
そこの場面はたくさんの愛を感じると仰っていました。

 

ジェンヌがジェンヌをプロデュース

美弥Pからのプロデュースは、
「ファンの方は、トシちゃんの愛猫ポテくんになって頭を撫でられたいハズです」と。
「トシちゃんは忙しいです。そんな中猫が甘えてくると、
あ~忙しいんだけどなぁ~でも可愛いなぁ~、ヨシヨシ♡」と細かいオーダー。


「はぁ~疲れた・・」とお疲れモードでソファに座るトシさん。
なんとカメラは途中から床からの目線、猫目線!
じーっとトシさんを見つめていると「ま、いっかぁー」と近づいてきて・・
「はあぁ~ヨシヨシ~!」
両手でワシャワシャと頭というか顎と頬を撫でまくるトシさん。
愛猫気分が味わえます(*´▽`*)
本当に必見です。

美弥さんナイス。
これ美弥さんヴァージョンも放送すべき。美弥ブレイク期待してます。

 

阿久津仁からイメージする言葉を書いた色紙は「ブレイクスルー」
そしてなんと阿久津仁のサイン入り!貴重です。

トークの締めは次回の出演作品についてのお話をされていますが、
宇月さんは今回退団されるので、次回はないのですよね。。
一瞬、雨に唄えばチーム?フィッツジェラルド??
と考えてしまったほど・・
これで最後だという実感がわいてきません。

最後の最後まで舞台を通して気持ちを伝えられるよう頑張りたいと思います。
と仰っていました。

千秋楽までケガなく無事に舞台を務められるようお祈りしております。

そして、
月組のカフェブレイクの最後の「特別編」の美弥ブレイクではゲストとして出演されます!
カフェブレイクのラストにもう1回宇月さんのお話が聞けるのは嬉しいです。
美弥さんのことですから、きっと鋭いツッコミで核心に迫ってくれると期待しております。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さいませ

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事