雪組『凱旋門』前夜祭

名作『凱旋門』の18年ぶりの再演、
初演と同じく轟悠さんが主演を務めることで話題です。

実は、私の初観劇は『凱旋門』・・
なのに全~然覚えてません(;´Д`)
でも曲だけはしっかり覚えています。
まあイベントで歌われる機会も多いからというのもありますが、
耳に残るメロディーです。

 

轟さんの主演について

轟さんの主演については賛否色々ありますが(否の声が大きいけど)、
同じ作品・同じ役、思い入れのある役を18年ぶりに演じるのは大きなチャレンジだと思いました。

良いこと

轟さんの主演でいいことと言えば、組子が育つこと。
そういわれても納得できない方も多いでしょうが、星組『ドクトル・ジバゴ』での化けは凄かったとしか言いようがありません。
ジェンヌさんたち本人たちも真面目だし一生懸命やっているのは痛いほど分かるのですが、
『ドクトル・ジバゴ』での成長を見ると普段より緊張感があって、役者の根っこの部分に揺さぶりをかけるような存在だったのかと思うばかりです。

悪いこと

逆に悪いことは、雪組の面々と並べたときに浮いてしまうことでしょうか。
組の中では役が1つずつ下がってしまうことも起こります。

浮く、というのは悪い言い方ですが、
単純に学年(年齢)の違い、キャリアの差といったものが良くも悪くも、
周りとの差になってしまいます。

先日の星組『ドクトル・ジバゴ』では、始まる前までは異質感があったのですが、
お芝居が始まってしまうと、年齢の差をまったく感じない素晴らしい演技でした。
妻役の小桜ほのかさんとは親子位の年齢差があるにも関わらず、です。

オペラグラスでじっくり見たら肌の感じとかで年齢を感じる部分はあるのですが、
逆に言うとそこ以外はまったく感じず、星組に馴染んでました。
そして”上手すぎる”轟さんに星組子は必死でついていってました。

 



映像で見た印象

話を戻すと、雪組『凱旋門』の前夜祭での演技と歌を見ただけで言うと、
その”差”が浮き彫りになっているように感じました。

相手役を務める真彩希帆さん、
キュートで歌の上手い娘役さんですが、轟さんと並ぶと”ただの可愛い女の子”です。
望海風斗さんとの並びではそこまで思わないのですが、やはり”異質感”が出てしまいます。

望海さんのボリス役の衣装をつけた姿の、これぞ宝塚の男役スターの持つ輝き、
白い光を発光しているかのようでした。
(そしてなんとなく記憶もよみがえってきたような、衣装って本当に重要ですね。)

宝塚のグループ芝居は、周りとの差でより見せています。
一番わかりやすいのが娘役の存在。
男役をより男性らしくみせるのに重要な役割を果たしています。

そうして見ると、轟さんの良くも悪くも”異質”さが出てしまうと思います。
それは芝居が始まれば、それすらも超える演技で気にならなくなってしまうのですが。

しかし、ポスターや制作発表会などの並びから受ける印象までは変えられません。
はっきり言って轟さんの大劇場主演に良くない印象を持っている人も多い中で、
チケットが欲しいと思う人が増えるのでしょうか。

前夜祭を見た人が、やっぱり観たいと思われたのでしょうか。

再演は新しいナンバーや振付が加わったり、衣装や舞台美術も新しくなるのだとか。
また望海さんの歌声を生かした構成に変えられるそうなので、
新しい『凱旋門』が観れるのではないかという期待をしようと思います。

 

メディア掲載

www.hochi.co.jp
www.nikkansports.com

www.daily.co.jp

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さいませ

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事