宝塚グラフ6月号の表紙とカバー

今月の宝塚グラフ(2018.6月号)の表紙は、
琴ちゃん(礼真琴)&あーちゃん(綺咲愛里)コンビ☆
”かわいい”印象の強い2人ですが、モード系なメイクと衣装で大人顔に変身~。

いつも思うのは宝塚グラフの表紙のモード系メイク、
ふだんのお化粧とも舞台化粧とも違う、あえて言えばふだんのお化粧を濃いめにした感じが、
似合う生徒さんと似合わない生徒さんがいて、
皆さん、ふだんのお化粧においても、ご自分のお顔をよーく研究していらして、
ヘタにプロがメイクするよりずっとうまいなーと思っていました。

礼真琴モード系メイク

けれど、今月の琴ちゃんはこのメイクすっごい似合ってます。
特に眉の入れ方がとってもカッコイイんです。

琴ちゃんは、ふだんメイクもあまりお得意ではないとお見受けするので(失礼)、
こういうプロの方にメイクしてもらうと
おおっ、化けたね!
という印象が強いです。

生徒さんは皆そうですが、何せ元のお顔がいいので、
そこそこでもキレイやかわいく仕上がっていますけど、
やはりこうプロがメイクすると違います。

うーん、特に琴ちゃんはスカステなど見ていても普段から眉は気になっていたので
余計なのかもしれません。
というか私が琴ちゃんの顔ばかり見ているから気になっただけなんですけど(^^;)
それでも下級生の頃に比べたら、シュっとしてお化粧も上手になられています。

 

購入したグラフを家でゆっくり読むときに(店で開けると顔がヤバいことになるので基本開けない)
表紙~目次までの間だけでかなり時間かかってしまったほど。
琴ちゃんのメイクとお衣装だけで90%満足してホクホクでした♡



赤黒と青系

赤×黒の琴ちゃんも、青系の琴ちゃんも
どちらも良すぎて選べません!!
(選んでも貰えるわけではありません( ̄▽ ̄;))

衣装は黒のシャツ!
襟のビーズ刺繍・・・さりげないのにグっと華やいだ雰囲気で琴ちゃんに合ってます。
一見シンプルだけど、よーく見ると手間のかかった美しい装飾が映えますこと。

青系のほうはなんとも爽やか。
季節もあるけど、こういう爽やか系も似合うのにあまり見ない気がします。
黒や赤も似合うんですけど、フォトブックにもあったような爽やかカジュアルも見たいです!
暑くなったら見れるかな~。

あーちゃん(綺咲愛里)

あーちゃんは断然青系の衣装の方が素敵です。
水色のオフショルブラウスを大人っぽく着こなしていて、
可愛いだけのあーちゃんじゃないんだなーと、
トップ娘役として成長しているのを感じました。

あーちゃんのメイクは普段はキュートさが際立ちますが、大人ぽいのもいいですね。
それと目の左右差が時々目立つのですけど、上手くカバーされてます。

それにしても「みかんちゃん」(あーちゃんのヘッドドレスに命名)って
どこから来たんですかね・・?

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さいませ

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事