男役道・星組編

やっと回ってきました、男役道・星組編!
講師は七海ひろきさん。
生徒は夕渚りょうくん、極美慎くん、奏碧タケルくん。
星組下級生はお名前に「~くん」とナチュラルに呼たくなる男子感ありますよね。

七海先生はどんなスペシャルな男役のワザを教えてくださるのかと、
前日の予告から期待度MAX!!
その期待を裏切らない内容でした(*´▽`*)

七海ひろきさんの『男役道』

七海さんの奥深さが垣間見えたような時間でした。
カッコよさをよりナチュラルにするために、見えない努力を重ねられているのが伝わります。

お父上様による英才教育?

「女の子は優しくしなければならない」と教えられた幼少期の七海さん。

あのぉ、七海さんも女性ですよね?女の子ですよね?優しくされる側の方ですよね??
という疑問が頭の中に広がる・・・

「ひろきさんは、、小さい頃から男の子だったんですか??」

きわみくん、よくぞ聞いてくれました。

お兄さんと一緒だったから、その頃から男の子側に憧れていたそうです。
なんとなーくは分かっていても、おや??となるポイントがナチュラルに話されるから。。
下級生ながら頑張った、と思ってたら、

「普段から壁ドンとかされてますし」
してるんだ!!!( ゚Д゚)

どういう状況で芝居じゃなくて日常から壁ドンするんですか・・・
どういう稽古場なの、星組ぃーー!
ヲタの妄想劇場みたいなことをリアルにされているんですか・・?

今回の公演は喜六さんがかわいいキャラだとか、フジコちゃんな女泥棒とか、
うっかり油断してたら、
お兄様はやっぱりお兄様でした!!

カッコイイー(≧▽≦)

投げKiss・ウィンク

極意を教えてください。
からの、カメラ目線での実践。
もう見られた瞬間、テレビから目が離せなくなってしまい・・被弾。
くるぞくるぞ、と分かっているのに、テレビなのにね( ̄▽ ̄;)
しかも受けたあとニヤけます。

 



ジャケットの着方・ネクタイのゆるめ方

どちらもバシッバシッ!と音が出ているかのようにしっかり決まります。
さすが上級生、こういう仕草のひとつひとつが決まりますね。

個人的には、ジャケット着るたびに目線決めるのはなんだかなぁと思いますが、
カメラを通しているからカッコイイですけど日常だったらイケメンでもどうかなーというラインです。
まあそんな細かいこと考えなければ超カッコイイ。

ネクタイゆるめる仕草はめっちゃ好きなので、それをセレクトしてくれた七海さんに感謝。
からのカッコイイゆるめ方ー色気ダダモレーー(ウットリ)
そして何故か勢い余ってネクタイ外しちゃうw

また動作に入る前と後のニヤけ顔とフニャっとした感じのギャップよ。
あんだけキメキメにカッコつけた後に満面の笑み。
カッコよくてかわいくて、なんですがこれが同じ人物なのだろうか、と毎度疑問です。

観察力

3回目は生徒さんについて語っています。
その注目具合の細かさ、本当によく見てるなーというのと、
本当に男役が好きでお芝居が好きなんだなーと感じました。

七海さんのスゴイところは、
こういうオタクばりの観察力と洞察力で男役の研究をずっとされているところ、
そして、妄想力も加えて自分の男役を創りあげているところでしょうか。

男役をファンとしての視線を持っていて、それを自分で演じてらっしゃる。
その両方の目線がお話から感じられて、ギャップというか二面性を感じる方です。
しかも演じていたのが自然に身について、普段から自分でも意識せずに発揮している域に達している、
稀有な男役さんだなと改めて思いました。

説明など話しているときは淡々としていると静かなイメージなのですが、
ひとたびスイッチが入ると急速に高温になるのが別人のようです。

私はどちらの七海さんも好きなのですが、静かに話される姿はスカステでしか見れないので、
スカステに加入してから知ることが出来て、更に好きになった生徒さんです。
ブリリアントドリームスでもそうでしたが、下級生のいいところを自然に引き出すのがとても上手です。
こういう番組によく出る(選ばれる)のがよく分かりますね。

 

夕渚りょうくん、極美慎くん、奏碧タケルくん、
3人の生徒さんのカッコよいとこ・かわいいところを紹介してくれて、3人共前より好きになりました。
夕渚くんの走る姿、きわみくんの不器用な可愛さ、タケルくんのえくぼ。注目します。

七海さんときわみくんの微妙にかみ合ってない会話も楽しかったので、
きわみくんが上級生になって対談番組が周ってきたときには、ぜひ七海さんをリクエストして欲しいと思いました。
そしたら絶対あのジャケット着れなくて着せてもらっている映像とか使われますねw
グダグダになりそうですけど緩い感じが好きなので、ぜひこの二人でまた見たいなと思いました。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してって下さいませ

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事