星組公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouoge星秀☆煌紅』初日

台湾公演に先駆けての梅田での公演『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀/Killer Rouoge星秀☆煌紅』が本日初日を迎えました。

宝塚歌劇団が3度目の台湾公演にもっていく作品としても注目を集めています。

 

そして何よりどちらが本物の人形だろうととまどうほどの再現度!

サンダーボルトファンタジーの方は原作が美麗な人形劇です。元々が3次元なのですが、宝塚での舞台化でさらに迫力のある美しさになっていました。

ショーは前回の大劇場作品の『Killer Rouoge』ですが、台湾公演用にアレンジされています。

伝説の?紅子さん(紅ゆずるが女装して客席案内係のお姉さんに扮する、これまでタカスペなどで何回か登場しているキャラクター)も登場し、さらに愛子(綺咲愛里)と礼子(礼真琴)の新キャラクターも登場します。

 

www.hochi.co.jp



写真が多めの初日レポートです

www.lmaga.jp

okepi.net

 

サンファンで使われる人形は、人形と聞いて普通想像するのより大きな人形です。

人形が多きい分、人形の服といってもかなり細かい作りになっています。しかしサンファンは人形に人間の腕を入れて操作するため、衣装がズルっとしたローブのようなズルっとした衣装になっています。

舞台化は実際の人間のサイズになって細かい装飾がさらに美しく表現されることは予想できましたが、ズルっとした衣装がどうなるのかと思ってましたが、杞憂だったようです。

 

梅田芸術劇場では実際の人形の展示もされています。

東京日本青年館でもぜひ展示して欲しいです。

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ  足跡替わりにポチっとお願いします★
にほんブログ村

 

 

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事