こんにちは、夢見すぎ系女子のサーシャです☆
みなさま星組本はもうご覧になりましたか?
私は9割方読み終えました。

写真も美しく、企画モノはめっちゃ面白く、トーク(インタビュー)も楽しくて、読みだすと止まらなくて、小さい字も黙々と読み進めてしまいます。

演出家のメッセージのページ

そんな素敵な星組本で、私的にヒットだったのは、
演出家の先生方の書いて下さったメッセージ!
これが結構面白いんですよ。
(意外とか結構って失礼ですね(^-^;)
さすがは物書きだなぁと4人の先生方の寄稿を一気に読みました。

小池先生

小池先生は『星組男役の系譜』、紅ゆずるは異端なのか?をこれまでの星組男役を振り返りながら星男の血を受け継ぐ紅ゆずるについてと、紅さんの下級生からの成長などをメインに語っています。

大野先生

礼真琴主演の『阿弖流為』を担当された大野先生は後半はほぼ琴ちゃんへのメッセージとなってます。
大野先生は星組の担当をする機会がなくて、阿弖流為は10年ぶりだったそうです。

斎藤先生

北翔海莉さんご卒業の『桜華に舞え』を担当された斎藤先生は熱い「星組部」とよく例えられる部活にたとえてのお話でした。
部長はもちろん紅さん、マネージャーはあーちゃん、そう聞くだけで脳内にドラマが流れそうなのは私だけじゃないはず。
あと紅さんが宴会でよく斎藤先生のモノマネをしていて、ご本人的にも唸る出来栄えなんだそうです。見てみたいですね。



小柳先生

最近ではプレお披露目『オーム・シャンティ・オーム』を担当された小柳先生は、星組を家族に例えて下さってました。
近所で有名な仲良し大家族で
「家族旅行でバスを仕立ててイチゴ狩りに行って、イチゴを取りつくして帰ってくる」
という例えが秀逸すぎます!
なんて妄想が膨らむ分かりやすい例えなんですか、小柳先生!

家族でバス(大家族だから)でイチゴ狩り、なんか想像つくなぁ~なんて読んでいたら、「イチゴを取りつくして」ってのに大笑い。
100%じゃなくて120%以上で全力投球な感じね!
きっと家族で食べる分には多すぎるイチゴを積み込んで帰ってきそう。
翌朝には既に食べ過ぎて「もうイチゴ飽きたわ~」とか言ってそうですねw

そして家族構成は、紅さんは楽しいこと大好きな長男、星家の突撃隊長!星家w
あーちゃんはしっかり者の長女、優しい次男のひろきお兄様、部活で活躍しまくり三男の琴ちゃん、と更に妄想が捗ることを書いて下さっています。
星組の暖かい人情味あふれる組の様子を誰にでも分かりやすい文章で読ませてくれて、おまけ(メイン?)に妄想ネタもブチこんでくるところが、さすがは小柳先生でいらっしゃいます。

そうそう兄弟ネタは後半の「星組アンケート」でもハバを効かせておりまして、
兄弟姉妹の4兄弟で結束しております。兄は予想するまでもなく某お兄様です。

このアンケートの結果を読みこんだ後にぜひ読んで頂きたいのが、
裏表紙をめくった奥付のページにある
「〇〇にするなら」こぼれ話~演出家(如月蓮)のとある妄想~
これがクスリと笑ってしまいます。

飛ばしたり後にまわして未読の方が多そうなページだと思ったりしますが、
この2つが意外と面白かったので、未読の方はぜひ!

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事