こんにちは、夢見すぎ系女子のサーシャです☆
月組の発表ショックと星組千秋楽ショックに浸らせないためか?
年末なこともあってか劇団にしては早めの発表きました!

2018年宝塚歌劇公演ラインアップ

梅田芸術劇場メインホール/日本青年館ホール公演、台湾公演
『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』
(サンダーボルト ファンタジー トウリケンユウキ)
『Killer Rouge/星秀☆煌紅』
(キラールージュ/アメージングスター☆キラールージュ)

 

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀とは

台湾で「知らない人間はいない」と言われるほど、子供から大人まで楽しまれてきた人形演劇『布袋劇(ほていげき)』。
その映像にほれ込んだニトロプラス“虚淵玄”が原案・脚本・総監修を担当、台湾布袋劇で随一の知名度とクオリティを誇る制作会社“霹靂國際多媒體股份有限公司(略称:霹靂社)”との奇跡のコラボレーションによる、完全新作の日台合同映像企画が実現した。

Introduction | Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

 

日台合同映像企画の人形劇からの舞台化!

・・って初めて知ったのですが、ググったら現代アレンジの人形劇、すごいです!
PVがYouTubeにあったので見て下さい!

お人形がスーパードルフィーみたいに美しい!(特に女の子の)
主人公の設定も眉目秀麗な男性とあって、なんと宝塚向き。
最初「人形劇?」とNHKのアレが脳裏をよぎった私を許して・・( ̄▽ ̄;)

公式HPにお人形を動かしている写真があるのですが、結構大きい人形です。

Introduction | Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀

先ほど知ったばかりですが、この世界観、星組トップコンビに合うと思います。
私自身も好きな世界なので楽しみです!



スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事