こんにちは、夢見すぎ系女子のサーシャです☆
一年を振り返るにもブログ開設から1か月という若輩ですので、来年も頑張って継続いたします!
ということで、私の2017年の宝塚記録を振り返ってみようと思います。

観劇回数は少ないながら印象に残った作品を3作選んでみました。
おまけにスカステの番組も3つ選びました。暖かいお茶でも飲みながらどうぞ♪

印象に残った作品・3選

星組『阿弖流為』

礼真琴主演、初東上作品とは思えない素晴らしい出来栄えでした。
歌・ダンスどちらも本当に素敵でグイグイ引き込まれてしまいました。阿弖流為と琴ちゃんのスター性が相まって生き生きとして見えました。
田村麻呂役のせおっち(瀬央ゆりあ)は阿弖流為と敵対する朝廷側をしっかりとそして切ない演技でみせてくれました。
また先日退団されたしーらん(壱城あずさ)の役が乗り移ったかのような鬼気迫る演技は本当に見事で、あれで退団を決意されたのも納得の素晴らしさでした。

 

月組『グランドホテル』

銀橋やセリを一切使わない演出ながら、生徒さんたちの動きによって場面が変わっていくのが見事で、飽きさせずに最後まで持っていくのは流石でした。
トップお披露目だったたまきち(珠城りょう)が学年を感じさせないほどしっかりとしていたのも印象的でした。美弥るりかさんの死期の近いオジサン役というのもはじめは想像つかなかったのですが、本当にヨレっとして立ち方・歩き方・話し方までも頼りないオジサンになってました。ダンスの場面では「オットーさん大丈夫かな?倒れちゃうよ」と思ってしまうくらいでした。
役替わりのフラムシェン、海ちゃんはセクハラが本当に痛々しいくらいで、わかばちゃんは美弥さんに寄り添っている姿が優しく感じました。4パターン全部見たかったです。

 

花組『ハンナのお花屋さん』

なんでこんなに涙が出るんだろう、というくらい、殆ど泣きっぱなしでした。
事前予習なしのナウオン知識で行ったら、「こんな切ない話だなんて聞いてないよ!」という位、みりおさん(明日海りお)演じるクリスも、今作で組替えとなるキキちゃん演じるアベルも切なくて・・。愛が溢れているのに、うまく伝わらず切なく悲しい物語でした。それぞれの役も合っていてストレスなく見れました。
重いテーマで、何回も観たいという作品ではないのですが、しばらくしてまた観たくなる作品です。



スカステで印象に残った番組orコーナー

『キャトルdeデート 月組編』

あーさ(朝美絢)のツンデレ男子の破壊力ったら!
このコーナーはデートの先攻の方が不利なのですが、あーさのパーフェクトエスコートの前では全く関係なかったのでした。
特に「頭ポンポン♡」はヤバかった、クラっとしちゃいましたよ!(੭ु ›ω‹ )੭ु⁾⁾♡
途中あーさの熱弁が若干ウザそうなちゃぴと、ふてくされた様子のありちゃんも可愛くて、ミネットはきっとここから発想したに違いない!と思ったりw

 

『Brilliant Dreams 礼真琴』

ステージ編はちょうど黒さ真っ只中の琴ちゃんなせいか、黒い感じが漂ってましたね。
パーソナル編は生真面目さがそのまんまな感じで、正直番組としての面白さはあまりなかったですが、合唱の完成度はあれで終わりにするのはもったいないレベルでした。

『ICHIGO ICHIE』シリーズ①~④、SP

スカイステージ15周年企画、スカステと同期の89期(研15)コンビのトークコーナー。
みりお×かいちゃんのほんわかトークはユルユルすぎて見ているこちらまでリラックスしてしまいそうなまったり感がたまりませんでした。しかもみりおさんのゲーム勝者のお願いが「会ったらハグして」って・・٩ 可愛すぎかっ!(≧ω≦)

2016年から宝塚熱が再燃しかけたのと、ちょうど娘ちゃんが幼稚園に行きはじめたこともあり、また周囲の協力を得て、なんとか観劇に行くことが出来ました。
2017年11月、宝塚話をしたくても周りにあまり話せる人がいなくて、思い切ってブログ開設致しました。
思ったことを書けて、さらに友達にも話しづらいことも書けて、今の所とても楽しくブログを書いております。
時間がなくて書けない日もありますが、来年も引き続きこのブログを続けていきます。
お時間がありましたら、また遊びに来て頂けたら嬉しいです。ありがとうございました。
そして来年もどうぞよろしくお願いいたします٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

ランキング参加しています。クリック応援して頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事