まるで少女漫画な『うたかたの恋』

お稽古場風景だからお稽古着なんだけど、
白のロングブーツで王子感たっぷりな紅さん(紅ゆずる)と
パステルカラーが初々しさアップなあーちゃん(綺咲愛里)。

完成度高ーい☆

思わずお稽古場だってこと忘れかけてた(;・∀・)
周りの人々も衣装みたいな方が多いですね。男役は軍服ぽい服でそろってるし。

ところで紅王子の白ジャケットに膝上白ブーツで、黒パンツが逆絶対領域みたいです。
やっぱあのロングブーツで動くのは大変なんだろうなぁ。

 

お姫様抱っこのあのシーン

あーちゃんは発表から「マリー似合う!」と思ってたのですが、まんまハマるし、想像以上に可愛いしで朝からニマニマです。
いやだからまだお稽古場なんですけどね。

姫抱っこのシーンとかスカートからペチコートがわさぁッってなって、軽々と抱き上げる紅さんとか、

少女漫画なの?!(≧▽≦)

いやぁ前回がナチス時代のドイツだったんで、うたかたの華やかさがイキイキしてるったらないよね、生徒もヲタも。

 

中日版『Bouquet de TAKARAZUKA』

変更点など

琴ちゃん(礼真琴)の場面の分割

すみれの花咲く頃 七海ひろき
ブギウギパリ 十碧れいや
スパニッシュ 凪七瑠海

キラキラ笑顔のひろきのお兄様がやると爽やかな青年かなぁ。
ポコちゃん(十碧れいや)のブギウギパリがカッコよかった!
ショーの場面のソロ、初めて見たと思うんですけどスラっとして舞台映えするなぁ~(*´▽`*)

「血と砂の祭りだぁぁぁ!!」をいい声が響くカチャさん(凪七瑠海)が言うのかと思うとゾクっとしますね。
スパニッシュがお兄様ですみれがカチャさんが合うかと思うのですが、うーむ。
すみれの歌、カチャさんで聞きたかったなぁ。大ナンバーではないけど、抑えたトーンで伸びるところが透明感のある歌声のほうが場面の雰囲気合うじゃないですか。お兄様の囁き系の歌声でも倒れる女性続出だとは思います。ま、こういうのは好みだけど、私の好みはカチャさんってことで。

 

アパシュ

希沙薫さんが女役で入っています。ダンスに定評があるようなので期待ですね。

 

サ・セ・ラムール

紫藤りゅう・湊璃飛・極美慎
極美くん、ピックアップされてますねー。3人の姿も決まっていたので期待。銀橋はないけど(^-^;

 

3組デュエダン

黒 紅ゆずる&綺咲愛里(変わらず)
白 七海ひろき&音波みのり(赤→白)
赤 十碧れいや&夢妃杏瑠

すごい長身揃いの薔薇のデュエダン!ちらっと映っただけでも迫力があります。
このシーンの娘役がスカートの色を衣装に合わせてて素敵でした。
ところであーちゃんはお稽古で何着着替えているんだろう・・。ロングスカートだけでも薄紫・赤・薄ピンク・クリームイエロー・水色・緑・黒、大変ですね。

それと稽古場レポートでお話していた華雪りらちゃんは星組デビューでブケタカも全部覚えなくては大変そうですが、頑張ってほしいです。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ足跡がわりにポチっと押してってくださいね☆

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事