こんにちは、夢見すぎ系女子のサーシャです。
千秋楽が一番遅かったからかクロニクルのオオトリは星組でした。
新年になりましたが、やはり星組の2017年を振り返ってみようと思います。

 

星組2017年の公演を振り返る

『オーム・シャンティ・オーム』東京国際フォーラム

星組も2017年はお披露目から始まっていたのだった!
ということに「宝塚クロニクル星組編」を見て思い出しましたΣ(゚Д゚)
『オーム・シャンティ・オーム』がプレお披露目だったんですよねぇ、、
宝塚初のインド映画の作品でした。インドで買い付けしてきたという衣装はカラフルで可愛かったです。
礼真琴は初の悪役が救いようのないタイプの悪役でした。

 

『燃ゆる風ー軍師竹中半兵衛』

七海ひろきさん初単独主演作品。
大河ドラマを見ているような本格的な衣装や鎧・兜を身に着けた戦国武将たちが舞い踊っているのが美しく、これは宝塚でしか見れない歴史物だなぁと思いました。
ヒロイン半兵衛の妻・いねを演じた真彩希帆さんが雪組に組替えになりました。

『スカーレット・ピンパーネル』


人気作の再演で大劇場お披露目。
紅ゆずるさんが新人公演ラストで主演された作品で、もう1度やりたいと切望されていたことなど重なって運命的なものを感じました。
アドリブも毎回違っておまけの楽しみがあるような公演でした。舞踏会へのお誘いのショーブランとのシーンは打ち合わせなしなようでしたので、笑えない二人は緊張感が凄そうでした。
今作を最後に空乃みゆ・美丘安里・天乃きよら3名の娘役が退団されました。
またパレードの大羽根の衣装で紅ゆずるさんは宝くじのCMにご出演されていました。

『阿弖流為』


礼真琴 初東上作品。日本青年館のこけら落とし公演でもありました。
人気小説の舞台化ということもあってチケット難でした。
星組に組替えになった有沙瞳さんがヒロイン阿弖流為の妻・佳奈役を演じられました。
阿弖流為の相棒、軍師的役割の母礼(モレ)役という重要な役を果たされた綾鳳華さんが今作をラストに雪組へ組替えとなりました。わりと急な組替え発表だったこともあってかナウオンステージでは終始泣きそうな顔をされていたのが印象に残っています。

www.hochi.co.jp



『オーム・シャンティ・オーム』梅田芸術劇場

再演、といっても1月にやったばかりなのですが、トップコンビ以外のキャストがほぼ総替わりで新らしい作品のようでした。
客席参加型のフィナーレが付いて楽しい作品でした。

『ベルリン、わが愛』


大劇場作品2作目で初のオリジナル作品でした。
それぞれの生徒にあった役ではあったのですが、作品としてはいまいち面白みに欠けていたのが残念です。
壱城あずさ・愛水せれ奈・夏樹れい3名が今作を最後に退団されました。天彩峰里ちゃんは今作千秋楽翌日付けで宙組に組替えとなりました。

2018年の星組

2018年は中日劇場・梅芸&赤坂・DSの3手に分かれての公演からスタートします。
4月からの大劇場作品は初舞台生を迎えての作品となります。こちらもオリジナル作品、久しぶりの日本物です。ショー『キラールージュ』は台湾公演でのショーの元となるようです。
秋には台湾公演を控え、通常と違ったスケジュールになります。

2018年の星組にとって最大のイベントは台湾公演でしょう。
次いで初舞台生ラインダンスが加わる春の作品も注目度が高いです。紅さんのコメディセンスが十分に発揮され、厳しい指導で知られる谷先生により新たな一面が開かれる生徒さんが増えることを期待しております。
まだまだ未発表部分が多いですが、楽しみに待ちたいと思います。

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ

ランキング参加しています。クリック応援して頂けたら嬉しいです。

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事