2019年の星組を振り返って~退団・組替え~
スポンサーリンク

今年の振り返り・星組

2019年の星組の大きなイベントといえばトップスターの交代です。

10月13日をもって前トップスター・紅ゆずると前トップ娘役・綺咲愛里が『GOD OF STARS-食聖-』を最後に退団し、その後を礼真琴が新トップスター、花組から組替えになった舞空瞳が新トップ娘役となりました。

トップスターの退団という大イベントもあり、2019年は11名が退団されました。

組替えでは、11月より専科から愛月ひかると花組から綺城ひか理が星組生となりました。2名は12月21日からのタカラヅカスペシャルから星組生として舞台に立ちます。

またタカラヅカスペシャルを最後に、紫藤りゅうは宙組へ、星蘭ひとみは専科へと異動となります。

 

トップスター交代

紅ゆずる(2016年11月21日〜2019年10月13日)

礼真琴(2019年10月14日~)

10月13日をもって前トップスター・紅ゆずると前トップ娘役・綺咲愛里が『GOD OF STARS-食聖-』を最後に退団し、その後を礼真琴が新トップスター、花組から組替えになった舞空瞳が新トップ娘役となりました。

 

礼真琴・舞空瞳の新トップコンビの初仕事は宝塚舞踊会でした。

お披露目公演は『ロックオペラ・モーツァルト』、梅田芸術劇場11月20日~27日、東京建物Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)12月3日~15日、千秋楽前日にはライブビューイングが予定されています。

また大劇場お披露目公演は『玄耀の谷~舞い降りた新星/Ray-星の光線-』来年2020年2月7日が初日です。

 

 



2019年星組-退団者と組替え

2019年星組退団者-11名

『霧深きエルベのほとり』東京千秋楽にて退団(2019年3月24日)

  • 七海ひろき
  • 瀬稀ゆりと
  • 華鳥礼良
  • 天翔さくら

『食聖』集合日退団(2019年5月28日)

  • 音佳りま

『食聖』東京千秋楽にて退団(2019年10月13日)

  • 紅ゆずる
  • 綺咲愛里
  • 如月蓮
  • 麻央侑季
  • 蓮月りらん

小劇場集合日退団(2019年10月21日)

  • 孔雅といろ

 

一般的にトップスターの退団時は組全体でも退団者が増える傾向にありますが、それにしても2019年の星組退団者は11名と多数の生徒が退団されました。

2018年の退団者が2名と少なかったのもあるのかもしれません。

 

 

研1星組配属

研1生(105期)は初舞台公演(宙組『オーシャンズ11』)後に男役4名・娘役4名の計8名が組子となりました。

その中には、音楽学校入学当時から話題になった松岡修造さんのお嬢さんの松岡恵さんが「稀惺かずと」の芸名で在籍しています。

 

2,019年星組組替え

組替えで星組に異動になったのは2名

  • 愛月ひかる(93期/専科→星組)
  • 綺城ひか理(97期/花組→星組)

また星組から異動になるのも2名です。

  • 紫藤りゅう(96期/星組→宙組)
  • 星蘭ひとみ(102期/星組→専科)

 

星蘭ひとみの異動は11月末に発表されましたが、映像を中心に出演ということですが詳細は不明です。次回の大劇場公演は出演されないので、大劇場公演は『食聖』、星組生としては『ロックオペラ・モーツァルト』が最後になります。

紫藤りゅうは『食聖』のときが星組生としての大劇場ラストとして見納めることができましたが、急遽決まったことなのかもしれませんが、星蘭ひとみはそれが出来なかったのが心残りです。

 

追記・万里柚美さん専科へ

星組組長・万里柚美さんの専科への異動が発表されました。

  • 万里柚美・・・2020年5月4日付で専科へ異動

 

それに伴い、組長・副組長に就任が決定しています。

  • 組長・美稀千種(2020年5月4日付)
  • 副組長・白妙なつ(2020年5月4日付)

 

 

 

2020年の星組

『玄耀の谷~舞い降りた新星/Ray-星の光線-

  • 宝塚大劇場 2020年2月7日~3月9日
  • 東京宝塚劇場 2020年3月27日~5月3日

今現時点(2019年12月8日)で発表があるのは次回の大劇場公演のみです。

 

この時点で星組は79名(男役45名/娘役34名)と他の組に比べると人数は一番多い状態です。

2019年に11名も退団されたのですが、やはり前年の退団者が少なかったので全体としては多いようです。2018年は台湾公演があったため、そこでの退団者がいなかったのも原因でしょう。

となると、次回の大劇場公演での退団者が少なくないのかもしれないと予想されます。

紅ゆずるさんの退団公演と一作前とで上級生男役はゴソっと退団されてしまいましたが、娘役はヒロイン経験者(新公含む)が多くいます。ヒロイン経験者で上級生の実力のある娘役は必要ですが、あまり長く在籍されないのが実情です。

ヒロイン経験者の一人・星蘭ひとみが専科に異動になることが発表されましたが、娘役は2020年もどうなるのか読みづらい状況が続きそうです。

 



 

愛月ひかると瀬央ゆりあ

一方、男役は比較的序列がわかりやすい星組ですが、2020年からは愛月ひかるが本格的に加わります。

宝塚スターカレンダーでの扱いを見る限り、愛月ひかるは二番手の扱いです。学年や主演経験から考えても当然なことですが、2018年後半から瀬央ゆりあの躍進が止まらないので今後の舞台においてどう変化していくのかが注目です。

中堅では紫藤りゅうが抜けて綺城ひか理が加わります。新公主演・バウ主要キャスト経験者であり、176センチの長身はコスチュームものが多い星組ではかなりの武器となりそうです。

 

新人公演

2019年の新人公演は、エルベ新公主演は極美慎(100期/2度目)、食聖新公主演は天飛華音(102期/初)、新公ヒロインはエルベは水乃ゆり(102期/初)、食聖は舞空瞳(102期/2度目)と102期の活躍が目立ちました。

3度新公主演した98期の天華えまが2018年で新人公演卒業したため、2019年の新人公演の主なキャストは一気に下級生にスライドしました。

100期の極美は2度目の新公主演をしましたが、現時点の新人公演メンバーでは2019年の新公主演の二人以外は主演経験がありませんので、2020年はもっと下級生にスポットが当たってほしいと思います。

 

 

2019退団者 SNS一覧

2019年退団者のSNSまとめました。(2019.12.10時点)

 

 

紅ゆずるコンサート出演

  • 如月蓮、壱城あずさ(2017退団)、十碧れいや(2018退団)、華鳥礼良
  • 宇月颯(2018退団/元月組)、梅咲衣舞(2017退団/元花組)
  • Special Guest:美弥るりか(2019退団/元月組・星組)

紅ゆずる1st CONCERT『紅-ing!!』 https://www.umegei.com/kurenai-ing/

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事