花組『蘭陵王』初日映像を拝見して

専科・凪七瑠海さんを主演にむかえての花組公演『蘭陵王』の初日があけました。

凪七瑠海が主演するのは月組でW主演以来で4年ぶりです。

 

花組『蘭陵王』初日映像を拝見して

スカイステージでは本日からタカラヅカニュースで初日映像が流れていました。

初日のナウオンステージを見て、思っていたより面白そうかも?と思ったら、ニュースメディアや観劇した方の感想をみてみると、かなり興味深い感じがしました。

 

なんといっても中国物の衣装の美しさが目を引きます。

ドレスやキラキラの軍服の美しさとはまた違った、光沢の美しい生地をたっぷりと使った着物に、刺繍などの手仕事の飾りの手間暇かかった贅沢さは格別です。

中国物の綺麗な衣装といえば『鳳凰伝』のトゥーランドットも手間暇たっぷりかかってそうな豪華さでしたが、『蘭陵王』は主演の凪七さんの衣装が甲冑までもため息の出る美しさです。

 

そして少年時代から凪七さんが演じられているのですが、本当に小さい少年・やせっぱちな子供に見えます。稽古場からしっかり少年に見えていたのはさすがという他ありません。

 

瀬戸かずやさんは新境地?というような、いわゆるオネエな役。

知ったときは結構びっくりしたのですが、衣装をつけて可愛い仕草と声・言葉を見たら、一瞬誰だったかな?と思うほどの可愛らしさです。いつもの渋い男役をまったく感じさせないラブリーさに感心しました。帆純まひろさんとの絡みもいいです。帆純さんもミステリアスな感じが似合っています。

 

ヒロイン・音くり寿さんは最初にキャスティングを見たとき、凪七さんとの並びにちょっと疑問を感じたのですが、おしとやかな美姫に見せて実は刺客という設定に意外とはまっていたと思います。

そして澄んだ歌声が切ない心情をより一層ひきたてます。

 



 

『蘭陵王』初日・メディアまとめ

www.lmaga.jp

www.sankei.com

www.nikkansports.com

ideanews.jp

news.nifty.com

www.asahi.com

 

初日の挨拶は、ちょっと長めだったのですがそうと感じさせないほどの流れるような話ぶりでもっと聞きたいと思わせるほどです。

凪七さんを知れば知るほど、完璧で二物も三物も与えられているなぁと感じます。

それにしても遠近法を無視した顔の小ささは何なのでしょうねぇ。

羨ましいを通り超して、ただ小さいなっていつも見ています。(でもやっぱり羨ましいw)

 

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 宝塚歌劇団へ  足跡替わりにポチっとお願いします★
にほんブログ村

スポンサーリンク
関連する記事

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事