星蘭ひとみ、異例尽くしの専科異動。映像を中心に活動。
スポンサーリンク

星蘭ひとみが専科へ

星組の娘役・星蘭ひとみが専科へ異動、そして異動後は映像を中心に出演とのニュース。

現在の星組は、舞空瞳がトップ娘役になり新しい体制へと変化しています。娘役もヒロイン経験者が詰まっているので若手娘役である星蘭ひとみは異動はあるかと思っていたのですが、まさか専科とは驚きました。

 

星蘭ひとみは101期・研5の若手の娘役です。

既に二回の新公ヒロイン経験がありますが、特に一芸が秀でているという訳でもなく(美貌はすごく目立つのですが)、なにせ若いのに専科?と思ったら、

「映像を中心に出演」「異動後の舞台出演は未定」

とこれまた異例尽くしです。

 

星蘭 ひとみ・・・2019年12月23日付で専科へ異動
※今後は映像を中心に出演する予定ですので、異動後に最初に出演する公演は未定です。

https://kageki.hankyu.co.jp/news/20191130_003.html

 

宝塚5年目の娘役・星蘭ひとみが専科異動 映像を中心に活動へ : スポーツ報知

宝塚若手娘役、星蘭ひとみさんが専科に異動 映像中心に活動へ - 毎日新聞

 

映像とタカラジェンヌ

これまでにも現役の生徒が外部のテレビ出演をしたことはあります。

記憶の中でパっと出てくるのは元花組トップ娘役の純名りささん。NHK朝ドラに出演されていました。

また過去には「映画専科」があり、八千草薫さん、扇千景さんが活躍されていました。

 

しかし、星組の舞台を休演という形ではなく、専科に異動となるのはどういう意図があるのかが分かりかねます。

映像専科をつくる意図があり、その始めとしての異動なのか、

おそらく外部のテレビ・映画等の出演が決まっているがその期間がはっきりしないためなのか、

あるいは、元々異動させようと思っていた矢先にしばらく休演になる外部出演があるのでとりあえず専科に異動させた、そんなところだと思います。

 

ですが休演ではなく専科へ異動というところに「トップ娘役への布石」を感じなくもないのですよね。

いずれにしても、「専科」という特別な枠に入れてでも出演させたい劇団の意向も見え隠れしますので、映像の仕事は相当目立つものでしょうし、そこで獲得した人気をもってトップ娘役という道筋も見込んでのことなのではと考えずにいられません。

 

舞台女優を育成する宝塚歌劇団で映像の仕事というのはちょっと違うのではないかという気もするのですが、常に新しい試みで変化をとげようとするのは進化する上で必要なことだというのも分かります。

今後、星蘭ひとみがどのような形で出演があるのか謎ですが、本人にとって転機であり大きなチャンスであることに違いはないと思います。

その美貌でヅカファン以外もトリコにしてしまって下さい。

がんばれ、せいらちゃん!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事