2020年星組小劇場~エル・アルコンとシラノ
スポンサーリンク

星組2020年初夏の外箱公演の演目発表

星組の来年の予定がまた一つ発表になりました。

次回の大劇場公演『玄耀の谷』の後は、全国ツアーと梅田・赤坂公演の二手に分かれます。

全国ツアー『エル・アルコンー鷹ー』

全国ツアーはかつて星組で上演された『エル・アルコン-鷹』と次回の大劇場公演のショー『Ray-星の光線-』を礼真琴・舞空瞳のトップコンビ主演で行います。

トップに就任してから初の全国ツアー、舞空瞳とコンビを組んでからは初となります。

 

主演・・・礼 真琴、舞空 瞳

◆全国ツアー:2020年6月12日(金)~7月1日(水)

グランステージ
『エル・アルコン-鷹-』
~青池保子原作「エル・アルコン-鷹-」「七つの海七つの空」より~
原作:青池 保子(秋田書店)
脚本・演出/齋藤 吉正

 

ドラマシティ&赤坂ACT『シラノ・ド・ベルジュラック』

そして梅芸・シアタードラマシティと赤坂ACTシアター公演は専科・轟悠主演『シラノ・ド・ベルジュラック』です。

星組は『ドクトル・ジバゴ』以来の轟さん主演となります。

 

主演・・・(専科)轟 悠

◆TBS赤坂ACTシアター:2020年6月8日(月)~6月13日(土)
◆シアター・ドラマシティ:2020年6月26日(金)~7月4日(土)

ミュージカル
『シラノ・ド・ベルジュラック』
脚本・演出/大野 拓史

 

振り分けについて考える

赤坂ACTシアターという規模から考えると、現在の星組で主演できそうな生徒は礼真琴、愛月ひかる、瀬央ゆりあの3名です。

が、トップ就任直後の全国ツアーとなればトップは全ツ組なのは決まっています、そして瀬央ゆりあは可能性はありますがバウ二度目主演を終えたばかりで荷が重く、すると愛月ひかるが一番候補だったわけですが、違う結果となりました。

とすると、それぞれの二番手格の振り分けがどうなるのかが気になるところです。

順当にいけば、瀬央ゆりあと愛月ひかるの二人が全ツ組とシラノ組に分かれると思うのですが、シラノの二番手・クリスチャン役は言ってしまえば顔がいいだけの男なので、演技上手な・歌が上手な人でなくてはという役ではないことを考慮すると(宝塚版では違うかもしれません)、もしかしたら若手から選出される可能性が無きにしも非ず、かもしれません。

 

そしてシラノのヒロインも注目が集まります。

シラノのヒロイン・ロクサーヌ役はイメージ(個人的なものです)は有沙瞳なのですが、ジバゴでヒロイン経験済なのでまたヒロインに選ばれるのかは微妙なところでしょう。

もっと下級生娘役に経験を積ませる可能性も当然あります。新公ヒロイン経験者でいくと水乃ゆりが一番可能性があるのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事