やっぱりキタ!『ロミオとジュリエット』星組公演ラインアップ
スポンサーリンク

2020年星組公演ラインアップ『ロミオとジュリエット』

やっぱり!

と思われた方も多いと思われる『ロミオとジュリエット』が来ました。

こっとんコンビ(礼真琴&舞空瞳)が発表になったときから、ロミジュリあるのでは…と予想していた皆様、やりました、実現しますよこっとんロミジュリ!!(興奮気味)

 

■主演・・・礼 真琴、舞空 瞳

◆宝塚大劇場:2020年8月21日(金)~9月28日(月)
◆東京宝塚劇場:2020年10月16日(金)~11月22日(日)

ミュージカル
『ロミオとジュリエット』
Roméo & Juliette
Le spectacle musical de GÉRARD PRESGURVIC
D’après l’œuvre de WILLIAM SHAKESPEARE
原作/ウィリアム・シェイクスピア  作/ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出/小池 修一郎  演出/稲葉 太地

日本初演から10年を経た2020年、満を持して星組での上演が決定。2013年の新人公演でロミオ役を演じ、鮮烈な印象を残した礼真琴が、星組トップスターとして再びロミオ役に挑みます。

 

大劇場お披露目公演はオリジナル作品ですので、次は海外ミュージカル来るかなぁという予想もありましたが、早い時点でロミジュリきましたね。

ご存知、ロミジュリは若い(10代)の熱く勢いのあるカップルなので、就任から間もない方がフレッシュな感じがそのままでイメージばっちりです。

なこちゃん(舞空瞳)が「♪16の乙女だけど」と歌っても違和感ゼロ。

新人公演でもロミオを演じた琴ちゃん(礼真琴)のロミオが一回り大きくなって帰ってくるのが楽しみすぎます。さらに洗練されて技術面も向上したロミオに出会えること間違いないでしょう。

 

そして、その他の配役の発表が待たれるところです。

しかしティボルト、マーキューシオ、ベンヴォーリオ、が2~4番手がどう割り振られるのか、ここに専科さんが絡んでくるのか(この時点では凪七さんだけですが)くらいで、役が少なく特に娘役が少ないので役があるかが一番の焦点かもしれません。

若手に関しては新人公演の方に重点が置かれそうですね。

またティボルト、マーキューシオ、ベンヴォーリオに関しては役替わりがあるかどうかも次の発表が気になります。

 

先日『玄耀の谷』新人公演主演が発表になったばかりです。

碧海さりお・桜庭舞の二名とも初主演・初ヒロインです。

2019年の振り返りで、2020年の新人公演はもっと若手にスポットが当たるのではとの予想通りでした。ですがロミジュリは新公初主演の生徒をあてない気がしますので、その場合は極美慎・天飛華音の二名が可能性があることになります。個人的なイメージでは天飛くんが合っていると思います。

ヒロインはさらに若手にスポットがあたるかもしれません。

 

オリジナルの次に大作『ロミオとジュリエット』で再演を待ち望んでいた勢としては非常に嬉しいです。が、星組としてはこの大作があたるというのは喜ばしいと同時に大きな壁(再演の壁)に早々にあたることになります。

特に琴ちゃん(礼真琴)にとっては新公で演じた役であり、尊敬する柚希礼音さんの当たり役でもありますから、愛/ベンヴォーリオ役での苦戦よりも大きな課題になるやもしれません。

そしてファン側は”チケット難”という大きな壁にブチ当たることが予想されます(;´Д`)

なんとかしてチケットを入手できるよう頑張る、としか言えないですが皆様頑張りましょう!

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事