スポンサーリンク

星組『食聖/エクレア』阪急貸切公演9/12

東京公演の幕があがってようやく星組公演を観に行くことが出来ました。

ライブビューイングで1度通して観てはいるのですが、やはり舞台は生もの、生の臨場感を味わってやっとこの作品を観れたと感じました。

作品の感想はまた別に書く予定ですが、貸切公演のミニインタビューと挨拶のことを書こうと思います。言葉は大体の感じですが、雰囲気が伝われば嬉しいです。

 

司会は達つかささん

抽選会のお手伝いは凛央捺 はるさん

パレードの大階段の左内側で紅さんをお迎えしています、とのこと。

コック姿のままでのご登場、スラっとしていてキュートなお顔立ちでした。

 

終演後のミニインタビュー&挨拶

紅さんが司会さんに紹介されて挨拶した後、両手を広げたポーズをするとより大きな拍手が。

そういう(拍手が欲しい)訳じゃなかったんですけど、今日のお客様は本当に反応がすごく良くて、楽屋でも

「なんで今日はこんなに笑ってくれるんだろうね」って出演者みんなで言ってました。

オケピの皆様も喜ぶほど反応が良かったです、とオケピもこっちを向いているんですよーとオケピに向かって手を振っていました。

(いつもはわかりませんけど、確かに拍手や手拍子が大きかったと思います^^)

 

司会 ホンの役創りのポイント

紅 ザ・俺様です。

演出の小柳先生には「紅さんにピッタリの役、超ハマリ役」と言われましたが、他の人からは(私は)どう見えているのでしょう(苦笑)と自問自答しました。

 

司会 ホンは紅さんなのでは?と思いました。

千秋楽まで紅ワールドを貫いて頑張ってください

紅 今まで紅ワールドを脱したことはないのですけどね(笑)

このまま紅ワールド・紅ゆずる一本で行きます。

 

最後のご挨拶は、「これからも宝塚歌劇を、中でも特に星組をッ!」という所の圧がいつもよりオーバーで、それが本当に組想いな紅さんだなぁと嬉しい気持ちになりました。

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事